ソユーズ宇宙船の穴は整備の過失

ロシア「怠慢が原因」

カザフスタンのバイコヌール宇宙基地からロケットで打ち上げられるロシアの宇宙船ソユーズ=6月6日(タス=共同)

 【モスクワ共同】国際宇宙ステーションで、接続されているロシアのソユーズ宇宙船に開いた穴が原因で空気の圧力が低下したトラブルで、ロシアの複数のロケット・宇宙部門関係者は、ソユーズを地上で整備中に穴が過失で開けられ、ふさぐ措置も十分でなかったと明らかにした。関係者らは「怠慢」が原因だと指摘した。国営ロシア通信が3日報じた。

 穴は今年6月のソユーズ打ち上げ前に開いたという。ふさぐために使われた密閉剤が乾燥し、圧力で再び穴が開いたとみられる。ロシア通信は対処をした「怠慢の責任者は特定された」と報じた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る