金栗の応援団、背番号「43」 大河ドラマPRポロシャツ

金栗四三をPRするポロシャツを着て本会議に出席した市議(手前)や市幹部ら=玉名市

 日本人初の五輪選手金栗四三を描く来年のNHK大河ドラマ「いだてん」の放送開始まで、あと4カ月。3日に開会した玉名市議会は機運を高めようと、市議と市幹部が名誉市民の金栗をPRするポロシャツを着て、本会議に臨んだ。

 シャツは、市が職員向けに製作。アルファベットで「カナクリ」「タマナ クマモト」と書かれ、四三を表す「43」の背番号も。9月定例会では、27日の閉会日も出席者全員が着用する。

 議場は紺や赤、白のカラフルなシャツで華やぎ、市議らも「よう似合う」「若う見えるバイ」と照れ笑い。中尾嘉男議長は冒頭のあいさつで「金栗氏を軸とした地域振興を全市一丸となって盛り上げたい」と強調した。(蔵原博康)

(2018年9月4日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから