田原坂案内、お任せあれ 観光バスに熊本城武将隊が同乗

©株式会社熊本日日新聞社

広告を表示できません。

「田原坂せごどん号」に乗客を案内する熊本城おもてなし武将隊(右)=熊本市中央区

 熊本市西区のJR熊本駅と北区の田原坂西南戦争資料館を結ぶ定期観光バス「田原坂せごどん号」に、熊本城おもてなし武将隊が同乗する特別企画が4日始まった。9月末まで毎週火曜と水曜に運行する。

 バスツアーをさらに盛り上げようと、運行する九州産交ツーリズム(中央区)が企画。武将隊メンバーが1便に2人乗り、車中で西郷隆盛や西南戦争に関する話を紹介するほか、資料館で案内役を務める。

 桜の馬場城彩苑で乗車待ちしていた中央区九品寺の会社員木村円さん(56)は「武将隊メンバーの語り口に期待したい」と話し、足早にバスに乗り込んでいた。

 バスは、NHK大河ドラマの影響で資料館の利用が増える一方、マイカー以外の交通手段が乏しいとして7月末から運行。運賃は資料館の入館料などを含め2160円(小学生以下半額)。同社TEL096(300)5535。(林田貴広)

Follow us!

熊本日日新聞

こんなニュースも

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから

Curated by

Curated by