復興へ天然芝グラウンド寄贈 日本サッカー協会が甲佐町に

©株式会社熊本日日新聞社

調印式で協定書にサインした甲佐町の奥名克美町長(左)と日本サッカー協会の田嶋幸三会長=4日、東京都文京区

 日本サッカー協会(JFA)は、甲佐町に天然芝グラウンド1面を造り、寄贈する。4日、東京都のJFAハウスで同町と協定を結んだ。熊本地震復興支援の一環。

 天然芝グラウンドは約9千平方メートル。同町有安の安津[あんしん]橋上流の緑川左岸河川敷に整備し、来年秋の供用開始を目指す。アジアサッカー連盟(AFC)からの熊本復興支援金30万㌦(約3360万円)を活用する。

 同町は国土交通省と連携し、安津橋一帯の河川敷にサッカー場2面や野球場、ソフトボール場、テニスコートを設ける総合運動公園の整備を計画。しかし、2016年4月の熊本地震で甚大な被害を受けたことや財源不足で着工が遅れていた。

 また、地震後には同町早川の町営グラウンドに仮設住宅が建設されるなどスポーツを楽しむ環境もなくなった中、事業を加速化するため、県サッカー協会を通じてJFAに支援を要請した。

 調印式でJFAの田嶋幸三会長は「地域の子どもや大人、シニアの各世代が生き生きとプレーする姿を見たい。今後も被災地の支援を続けていく」とあいさつ。奥名克美町長は「復興のシンボルとして、スポーツの振興や青少年の健全育成、町民の健康増進に活用したい」とお礼を述べた。(久保田尚之、嶋田昇平)