日本新聞協会、週間標語を決定

応募総数1万4千編

 日本新聞協会は5日、今年の新聞週間(10月15~21日)の代表標語に、東京都東村山市の主婦友野美佐子さん(59)の「真実と 人に寄り添う 記事がある」を選んだと発表した。応募総数は1万4946編。

 友野さんは取材に「インターネットにはない、ファクトを追求し人間の心を伝える記事をこれからも読みたい、との思いを込めた」と語った。

 佳作には、名古屋市中川区の浦みちよさん(52)の「動きだす 勇気をくれた あの一行」、大阪市住之江区の上村怜央さん(22)の「今日も読む 長い歴史の 1ページ」など10編を選んだ。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る