政府、高齢者雇用70歳に延長検討

©一般社団法人共同通信社

 政府は5日、希望する高齢者が70歳まで働けるよう、現行65歳までの雇用継続の義務付け年齢を見直す方向で、高年齢者雇用安定法を改正する検討に入った。