コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。

「これは何?」という方はこちら

極早生温州ミカン、糖度高く 苓北町で出荷始まる

©株式会社熊本日日新聞社

コンテナからコンベアーに降ろされたミカンをチェックするJAれいほくの職員ら=5日、苓北町

 苓北町で5日、県内のトップを切って露地栽培の極早生[ごくわせ]温州ミカンの出荷が始まり、関東地方に向けて発送された。

 この日、同町志岐のJAれいほくのミカン選果場には約2トンの果実が持ち込まれた。表皮は艶やかな緑色で、直径5~5・5センチ。職員らは選果機の上を流れる果実を手に取り、表面の傷や虫食いの跡などを丁寧にチェック。大きさや品質に応じて、機械で10キロずつ箱詰めされた。

 同JA営農課によると、今年は少雨の影響で全体的に小玉傾向。ただ、例年に比べ糖度は高く、酸味も少ないという。

 同町では、生産者約40戸が約10ヘクタールで極早生ミカンを露地栽培。9月末までに、約100トンの出荷を見込んでいる。(飯村直亮)

こんなニュースも

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから

Curated by

Curated by