就活をやり直したい人必読!やり直したい心理と対処法

©楽天株式会社

「内定はもらったものの、どうもしっくりこない」「なかなか内定が出ず、就職活動をお休みしてしまった」という学生は多いのではないでしょうか。改めて就活をやり直したいあなたへ。どうすれば納得のいく就活ができるのかご紹介します。

就活をやり直したい人の心理とは?

就活は人生の中でも大きな出来事です。将来どんな働き方をしたいのか。どんな職業でどんな価値を生みたいのか。多くの学生にとっては、人生についてこれ程考える機会はないでしょう。

就活では、みな大きなプレッシャーにさらされます。内定を得られても、これ以上他の企業から内定は出ないかもしれない。そう考え妥協した企業選びが、下手をすると一生のキャリアに影響を及ぼすこともあります。感情的にならずに冷静に対処することが重要です。

とはいえ、経験したことがない仕事について具体的なビジョンを描くのは非常に難しいことです。会社説明会で「面白そうだな」と思っても、よくよく考えると自分には向いていないかもと不安になる方も多いでしょう。選考が進んでいる企業で本当に働きたいのかわからない、企業選びの軸が違う気がするなど違和感を覚えたら、一度自分の状況を客観的に見てみましょう。

▽内定をもらったけど本当にこの会社でいいの?就活生の内定ブルーに関するクチコミ
内定ブルーのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

出典:fotolia

就活をやり直したいと思うのはなぜ?考えられる原因4つ

就活をやり直したいと思う理由にはどのようなものがあるのでしょうか。代表的な例をご紹介します。

1.有名企業だからという理由だけで応募して選考から落ちてしまった

学生の大半に見られる現象です。多くの学生は、大手企業・人気企業を中心にエントリーを行います。その後、大手企業の選考に漏れた後に、慌てて同じ業界の中小企業を視野に入れるケースが多いです。中小企業の場合、大手と比較すると業務のスケール感や福利厚生などが見劣りする可能性も高く「第一志望と比べると、正直微妙だな」などと感じる学生も多いでしょう。

2.企業についてよく調べないまま選考が進んでしまった

就職活動中は、まずは内定をもらいたいものです。そこまでその企業のことをよく知らなくても、本気で魅力を感じられていなくても「御社が第一志望です」と言ってしまう学生は多いでしょう。そして内定をもらった後に、ようやく「自分が企業を選ぶ」という気持ちになるケースが多々見られます。自分が本当に就職する企業として、その企業がふさわしいのか。改めて社員の口コミサイトを見ると良くない噂が書き込まれていたり、両親や先輩に相談すると「厳しい会社だよ」とアドバイスされたり、内定後に不安になるケースはよくあります。

3.採用担当に押されて決めてしまった

採用担当には魅力的な方が多いです。親身になって学生の人生を考えてくれる方、何度も社員と面談の機会を設けてくれる方、自社の良い点や悪い点もきちんと説明してくれる方など、人間的に「この人と働きたいな」と感じることも多いでしょう。しかし、同時に「人の良さに流されて、客観的に自分の人生にとって本当に良い選択だったか考え切れなかった」という学生の声もよく聞きます。感情に振り回されて後悔してしまったという学生は毎年多くいます。

4.内定承諾を迫られた

企業や内定時期によっては、「内定をもらったが他社の選考も進んでいる中で承諾期限を迫られた」といったケースがあります。このような場合は、プレッシャーがある中で選択をせねばならず、不本意な決定となってしまうことがあるでしょう。

就活をやり直したい人は結論を出す前に自己分析をやり直す

「就職活動をやり直したい」という気持ちで安易に内定辞退を決めるのも、良くない結果となってしまう可能性があります。企業の悪い面を見て感情的になってしまった、先輩や両親に「この仕事は大変だよ」と言われてそれしか考えられなくなったといったケースでは、自分にとってのその企業で働くメリットとデメリットを客観的に整理できていない可能性があります。実は企業の実は良い部分や、自分には合っている部分があるのに、悪い面ばかりに目がいく場合、後から振り返ると結果的に後悔に繋がる可能性があります。焦らずに、じっくり以下のような行動をしてみましょう。

紙に書いて整理しよう

不安という感情は、心の中でどんどん膨れていくものです。まずは、紙に書き出して、その企業のどの部分が不安なのか、その不安は自分の将来にとってどんな問題になる可能性があるのか等を文章にして整理してみましょう。メリットとデメリットを書き出してみて、何が自分にとって優先順位が高いのか見直すと、客観的な視点が得られます。

自分の軸を改めて見直そう

内定をもらった今だからこそ、飾らない自分自身の言葉で自分の軸や想いを整理することが大事です。就職活動中の自己分析は、エントリーシートの締切が迫っていたり、企業に刺さるような綺麗な言葉でまとめたりと練られていない可能性も高いです。改めて自分がこれまでの人生で大事にしてきたことや、興味を持てた仕事に共通することを整理し、自分の軸を見直してみましょう。

やっぱり就活をやり直したい…いつまでなら許される?

内定辞退は、早ければ早い方が望ましいです。内定承諾期限が迫っている、もしくは内定を既に承諾してしまったという場合いずれも、内定を持ち続けることは企業の採用活動の妨げとなるので、早めに決断を伝えることが大事です。

ただし、辞退をしてしまってから内定を復活させることは殆どの場合難しいため、慎重に判断する必要があるでしょう。

辞退をすると決めた場合は、企業に誠実な気持ちを持って連絡を入れましょう。メールやLINEでの辞退はNGです。電話で意向を伝えた上で「お詫びも兼ねて一度お伺いさせていただきたい」と話すのが最も丁寧です。その企業に入社しなかったとしても、今後どんなご縁で仕事上やプライベートの付き合いが発生するかわかりません。誠実に、丁寧にお断りしましょう。

就活のやり直しを決意した学生の「就活浪人」はあり?

自分の進路に納得ができなかった場合、就活浪人、就活留年となるのもひとつの選択肢と言えます。政府が「卒業後3年までを新卒扱いとする」という取り決めを発表して以降、既卒者にも門戸を開ける企業も増えてきました。ただし、既卒は新卒採用枠としてエントリーできない企業も多く存在します。

また、就活浪人は「一定の期間内に企業分析や自己分析を十分に重ね、納得いく就職活動ができなかった」ということを示すひとつの評価にもなってしまいます。これを上回る自己分析やビジョンを描けた場合、もしくはその企業が求める能力や経験をその1年で伸ばせた場合は高評価となる場合もありますが、そうでない場合は厳しい評価となってしまう可能性も考え、慎重に検討しましょう。

就活をやり直したいと思った時は、焦らず冷静な判断を

誰しも「振り返れば間違いだった」と思う選択はあるでしょう。特に就職という一大イベントであれば、不安が募って当たり前です。ただ、今の一時の判断で内定辞退を行うことも、未来から見れば間違いかもしれません。辞退に納得ができれば早めに連絡をすべきですが、客観的に今の自分を整理し、慎重に判断を行いましょう。

著者:おくいはつね