小西康陽編曲プロデュース+野宮真貴歌唱による新録「東京は夜の七時」が「東京タワー開業60周年 記念ソング」に決定。東京タワージャケットも初公開

©ユニバーサル ミュージック合同会社

新録音されてベスト盤に収録される野宮真貴の「東京は夜の七時」が、「東京タワー開業60周年 記念ソング」に決定、「東京タワージャケット」も初公開となった

10月31日に発売となる“野宮真貴、渋谷系を歌う。”シリーズからの初ベスト盤『野宮真貴 渋谷系ソングブック』に新録音されて収録される「東京は夜の七時」が、12月23日に開業60周年を迎える「東京タワー開業60周年記念ソング」に決定した。この楽曲は、今年11月に東京タワー展望台で実施されるプロジェクション・マッピングや、東京タワー館内で使用される予定となっている。東京タワーは、オリジナルの「東京は夜の七時」のミュージックビデオでも象徴的に使用された場所ということもあり、今回の起用となった。また東京タワーは野宮真貴が「東京タワーは、東京で一番好きな場所」と公言している場所でもある。

アートディレクター信藤三雄と野宮真貴による「東京タワージャケット」も初公開となった。今回のジャケット写真は、“渋谷系のビジュアル・マエストロ”の信藤三雄氏が、東京タワーをアートワークのメインコンセプトにして撮影。東京のシンボルでもある東京タワーと野宮真貴とのコラボレーションが実現している。またアナログ盤のジャケットはCDと異なるデザインを施し、「着せ替えジャケット」として別ビジュアルのデザインも同梱される。

「東京は夜の七時」のオリジナルは1993年12月1日にピチカート・ファイヴとして発売され“渋谷系”の代表曲として今も愛される楽曲。今回の新録音の「東京は夜の七時」は、2001年のピチカート・ファイヴ解散後初となる小西康陽編曲・プロデュースでの新録音となる。

■リリース情報
アーティスト名:野宮真貴
タイトル:「野宮真貴 渋谷系ソングブック」
発売日:2018年10月31日(水)
仕様:CD 2枚組
価格:¥3,241(税抜) ¥3,500(税込)
品番:UICZ-4432/3

購入はこちら 

【収録曲(曲順不同)】
*[ ]はオリジナル・アーティスト名

DISC-1
「東京は夜の七時」※初収録音源 小西康陽による新録音 アーティスト名:野宮真貴と少林兄弟
「中央フリーウェイ」※初収録音源 Duet with ムッシュかまやつ [荒井由実]

「ウィークエンド」Duet with クレモンティーヌ [ピチカート・ファイヴ/クレモンティーヌ]

「ぼくらが旅に出る理由」[小沢健二]

「月の裏で会いましょう」[オリジナル・ラブ]

「ラテンでレッツ・ラブまたは1990サマー・ビューティー計画」Duet with カジヒデキ [フリパーズ・ギター]

「大好きなシャツ(1990旅行大作戦)」Duet with 渡辺満里奈 [渡辺満里奈]

「渋谷で5時」Duet with クレモンティーヌ & 鈴木雅之 [鈴木雅之]

「夏の恋人」feat. Smooth Ace [竹内まりや]

「或る日突然」Duet with 村井邦彦 [トワ・エ・モア]

「Love So Fine」 feat. カジヒデキ [ロジャー・ニコルス&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズ]

「双子姉妹の歌」Duet with クレモンティーヌ [ミッシェル・ルグラン]

「男と女」Duet with 横山剣 from クレイジーケンバンド(日本語詞:小西康陽)[ピエール・バルー&フランシス・レイ]

「What The World Needs Now Is Love」(世界は愛を求めてる 日本語詞:小西康陽)Duet with コリーン・ドリューリー from "Swing Out Sister" [ジャッキー・デシャノン/バート・バカラック]

DISC-2 モーションブルー・ライブ音源
「ブルー・ヴァレンタイン・デイ」[大滝詠一]

「大都会交響楽」[ピチカート・ファイヴ]

「ぼくらが旅に出る理由」[小沢健二]

「CM集」(エンゼルはいつでも:森永製菓~ありあけのハーバー:ありあけ~シウマイ旅情:崎陽軒~チェルシーの唄:明治製菓)
「気分を出してもう一度」[安井かずみ/加藤和彦]

「おもて寒いよね」[ダイナ・ショア&バディ・クラーク]

「甘い生活」[テイ・トウワ]

「上海的旋律」[野宮真貴/高野 寛]

「きみみたいにきれいな女の子」[ピチカート・ファイヴ]

「ピチカート・ファイヴ・メドレー」BABY LOVE CHILD~ベイビィ・ポータブル・ロック~HAPPY SAD~恋のルール・新しいルール~SWEET SOUL REVUE~東京は夜の七時

■7インチ・アナログ盤情報

アーティスト名:野宮真貴と少林兄弟
タイトル:「東京は夜の七時 c/wハッピー・サッド」
発売日:2018年11月3日(土)…“2018年「レコードの日」アイテムになります。” 
仕様:7インチ・アナログ 1枚
価格:¥2,000(税抜)¥2,160(税込)
品番:UPKY-9017
カラー盤仕様 / 着せ替えジャケット付 / 「東京は夜の七時」リリース25周年記念盤

予約はこちら 

収録楽曲;
A面「東京は夜の七時」
B面「ハッピー・サッド」

小西康陽編曲/プロデュース(両面共)
~A・B面の2曲とも、小西氏が21世紀に入って最初に好きになったという話題のロックバンド“少林兄弟”と野宮真貴のコラボレーションによる新録です。
~CDマスターとは異なる、ハイレゾ・マスターによるカッティング。
~B面「ハッピー・サッド」は、CD『野宮真貴 渋谷系ソングブック』には未収録となります。
~アートワークは、“《渋谷系》ビジュアル・マエストロ”の信藤三雄氏。

■ツアー情報
ツアー・タイトル:「野宮真貴、渋谷系を歌う -2018-」
公演概要:全3か所

ツアー日程
・名古屋ブルーノート(1日2回公演)
11/02(金)1stステージ 開場17:30 開演18:30 / 2ndステージ 開場20:30 開演21:15
・ビルボードライブ大阪(1日2回公演)
11/20(火)1stステージ 開場17:30 開演18:30 / 2ndステージ 開場20:30 開演21:30
・ビルボードライブ東京(1日2回公演・2DAYS)
11/22(木)1stステージ 開場17:30 開演18:30 / 2ndステージ 開場20:30 開演21:30
11/23(金祝)1stステージ 開場15:30 開演16:30 / 2ndステージ 開場18:30 開演19:30

ツアー・メンバー:野宮真貴(vo)、その他未定
お問合せ
・名古屋ブルーノート
・ビルボードライブ大阪 
・ビルボードライブ東京

【プロフィール】野宮 真貴(MAKI NOMIYA)
「ピチカート・ファイヴ」3 代目ヴォーカリストとして、90年代に一斉を風靡した「渋谷系」ムーブメントを国内外で巻き起こし、音楽・ファッションアイコンとなる。
2010 年に「AMPP 認定メディカル・フィトテラピスト(植物療法士)」の資格を取得。
2016年はデビュー35周年を迎え、現在音楽活動に加え、ファッションやヘルス&ビューティーのプロデュース、エッセイストなど多方面で活躍中。