東日本以西は気温高め 西日本中心に雨多く 気象庁1か月予報

©株式会社ウェザーマップ

9月6日発表の1か月予報(平均気温)。出典:気象庁ホームページ

きょう発表の1か月予報によると、気温は北日本で低温傾向だが、東日本から西では平年並みか高い見通し。向こう1か月の降水量は、湿った空気の影響を受けやすい西日本で、平年並みか多い見込み。

9月6日発表の1か月予報(降水量)。出典:気象庁ホームページ

 週ごとの予報によると、1週目(9/8~9/14)は、秋雨前線が本州付近に停滞しやすい見通し。全国的に湿った空気の影響を受けやすく、特に西・東日本で降水量が多くなる見込み。

 2週目(9/15~9/21)は、引き続き西日本と東日本太平洋側で前線の影響を受けやすく、平年より雨が多くなる可能性がある。気温は、北日本で低温傾向が見込まれるが、西日本以南は高温傾向と予想されている。9月22日以降10月上旬にかけては、全国的に平年並みの天候となる予想だ。