米国の「コナン」が鳥取訪問

名探偵が運んだ縁

鳥取県北栄町を訪れ、松本昭夫町長(左)とコナン像の前でポーズをとるコナン・オブライエン氏=6日午後

 米国の大物司会者でコメディアンのコナン・オブライエン氏(55)が6日、漫画「名探偵コナン」の作者青山剛昌氏の出身地、鳥取県北栄町を訪れた。オブライエン氏が自身の番組内で、「コナン」と北栄町を紹介したのがきっかけ。松本昭夫町長は「コナンが運んで来てくれた縁」と喜んだ。

 8月下旬、オブライエン氏は自身のトーク番組「CONAN(コナン)」でコナン像などがある北栄町を「コナンタウン」として紹介。名前が同じで、自身のおかげで人気が出たとして「3兆円の賠償金を払え」とジョーク交じりに発言し、町はフェイスブックで「お金が欲しければ町へ来てください」と発信していた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む