東京五輪で都内にLGBT拠点

国内初、交流や情報発信

東京五輪・パラリンピックの期間中に「プライドハウス東京」を都内に設置することを発表する(左から)杉山文野さん、(1人おいて)松中権さん、野老朝雄さんら=6日午後、東京都千代田区

 2020年東京五輪・パラリンピックの期間中に、同性愛や性同一性障害などの性的少数者(LGBT)の交流、情報発信の拠点となる「プライドハウス東京」を東京都内に設置することが6日、記者会見で発表された。10年バンクーバー冬季五輪以降、こうした施設が開催都市に設けられる事例が増えている。国内では初の試みとなる。

 市松模様の大会エンブレムを手掛けた野老朝雄さんがLGBTの象徴とされる6色レインボーでハウスを表現したロゴを制作。LGBTの理解を深める教育や文化、参加型スポーツイベントを計画しており、複数の企業や団体が連携して運営する形を目指す。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る