ユニバーサル ミュージックとApple Musicが共同で展開するに新たなプレイリスト・チャンネル“ピースフル・ミュージック”誕生

©ユニバーサル ミュージック合同会社

広告を表示できません。

ストリーミング・サービスが主流となったヨーロッパで、ポップ・ミュージックに混じりチャート上位にランク・インするなど新たなクラシック・ミュージック界を牽引する作曲家たちに焦点を当てたプレイリストのプロジェクト“ピースフル・ミュージック”が本日から本格稼動が始まった。ユニバーサル ミュージックとApple Musicが共同で展開していく。

人気映画にも数多く起用されるオリジナル楽曲をはじめ、旧来のクラシック音楽を再構築する“リコンポーズ”楽曲など、現在ヨーロッパでは新しいスタイルのクラシック・ミュージックが若者たちへも指示されているが、そのシーンの中で中心人物とも言うべき作曲家=マックス・リヒターが選曲したプレイリストを含む4つのプレイリストが公開され、それぞれ“ピースフル・スリープ”“ピースフル・スリープ”といったコンセプトのもと、リラックスや集中力を高めるのにぴったりな、クラシックとエレクトロニック・ミュージックが選曲され、睡眠~仕事~ワークアウトなど様々なライフスタイルに寄り添う内容になっている。

プレイリストにはマックス・リヒターの他には、ルドヴィコ・エイナウディ、オーラヴル・アルナルズ、ユップ・ベヴィン、ヨハン・ヨハンソン、ルーク・ハワードなどの楽曲が選ばれている。

© Heiko PriggeDG

マックス・リヒターは自身が選曲したプレイリスト「マックス・リヒターが選ぶピースフル・ミュージック」についてこう語っている。

「プレイリスト“ピースフル・ミュージック”で選んだ楽曲はとても幅広いですが、選んだすべての曲には共通点があります。選んだ曲たちはあなたの意識を乱すことがなく、思考するための十分なスペースもあります。それらはまるで、休息したり思考することを可能にするような美しい風景のようなものなんです」

トピッククラシック

こんなニュースも

Curated by

Curated by