コロブス類のサル、甘味に鈍感

苦味も、競争避け独自の進化か

©一般社団法人共同通信社

インドネシアの自然保護区で葉を食べるコロブス類のサル(京都大提供)

 葉や熟していない果物を主食とするコロブスという種類のサルは、甘味に対する感覚が鈍いことが分かったと、京都大の今井啓雄教授(分子生物学)のチームが7日、発表した。成果は国際科学誌電子版に掲載された。

 コロブス類にはテングザルやキンシコウ、ジャワルトンなどがいる。

 これまでの研究で、苦味にも鈍感なことが判明しており、味覚があまり機能しないように進化した可能性があるという。

 チームによると、コロブス類は主に樹上で生活するが、甘く熟した果物をほとんど食べない。甘いものを好む他の霊長類や鳥類との競争を避け、独自の嗜好を形成していったとみられる。