コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。

「これは何?」という方はこちら

拳銃部品の放射性物質が漏出

福岡県警、被ばく影響なし

©一般社団法人共同通信社

 原子力規制委員会は7日、福岡市博多区にある福岡県警の射撃の訓練場で5日に拳銃の照準を合わせる部品が破損し、ガス状の放射性物質が漏れ出すトラブルがあったと発表した。ごく微量で、仮に吸い込んでも、被ばくの影響はほとんどないという。

 規制委によると5日午後、県警の機動隊員が整備していた際、誤って工具で蛍光作用のある放射性物質トリチウムが入っていた部品を割り、漏れ出た。当時、室内にはこの隊員を含めて9人いたが、体調不良などの訴えはないという。

こんなニュースも

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Curated by