東京五輪・パラの機運盛り上げ 8日から長洲町で巡回写真展

五輪・パラリンピックでの日本選手の名場面を切り取った写真が並ぶ巡回写真展「スポーツのチカラ」会場=長洲町

 2020年東京五輪・パラリンピックの機運を盛り上げるため、全国を巡回する写真展「スポーツのチカラ」が8日、長洲町のB&G海洋センターで始まる。世界の舞台で躍動する日本選手の姿を切り取った写真約50枚が並ぶ。15日まで。

 全国でスポーツ施設を整備しているブルーシー・アンド・グリーンランド(B&G、東京)財団の主催。7月~来年3月まで全国の同財団の海洋センター22カ所を回る。県内では同町のほか、玉名市で11月25日~12月3日まで開かれる。

 会場には、バドミントン女子の山口茜選手(再春館製薬所)や、リオデジャネイロ・パラリンピックで銅メダルをつかんだ車いすラグビーの乗松聖矢選手(荒尾市)、島川慎一選手(長洲町出身)らB&G施設で練習経験のあるアスリートたちの名場面も展示されている。(原大祐)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから