赤馬戦士と楽しもう 9日、熊本市動植物園でファン感謝祭

 J2ロアッソ熊本は9日、「ファン感謝祭」を熊本市動植物園で開催する。熊本地震で被害を受けた同園の復興支援も兼ね、午後2時から同4時半まで、選手と一緒に遊べる交流イベントやステージショーなどでにぎわいを演出する。

 交流イベントでは、観覧車や子ども列車、モノレールなどを選手と一緒に乗車できる。選手が参加者の似顔絵を描くブースなども設ける。ステージショーでは、選手によるパフォーマンスやゲーム大会を繰り広げる。

 参加希望者には午後1時から、園内遊具「ドルフィンパラダイス」近くで各イベントの整理券24~50枚を配る。入園料や駐車料金、各遊具利用券は自己負担。

 会場では、J2第35節(30日)の京都戦以降のホーム3試合を観戦できるチケット「3枚セット」も売り出す。A席は6千円(通常7500円)、B席は4500円(通常6千円)と割安になる。(樋口琢郎)

(2018年9月8日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから