【MLB】平野佳寿、メジャートップの32ホールド目 1回1安打無失点で防御率1.94

©株式会社Creative2

32ホールド目をマークしたダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】

6試合連続無失点、9試合連続自責点「0」

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が7日(日本時間8日)、本拠地ブレーブス戦に登板。7回から2番手でマウンドに上がり1回1安打2奪三振、無失点の好投を見せメジャートップの32ホールド目をマーク。チームは5-3で勝利した。

 平野は3点リードの7回に2番手として登板。先頭のアルビースに左前打を浴びたが、デュバールを中飛、スワンソンを83.9マイル(約135キロ)のスプリットで、代打・デューダを88.5マイル(約144キロ)の直球で連続空振り三振に仕留め無失点で切り抜けた。

 これで平野はメジャートップの32ホールド目をマーク。6試合連続無失点、9試合連続自責点「0」と安定感ある投球を見せており防御率は1.94となった。(Full-Count編集部)