ロアッソ大分戦に今季最多1万226人 最後まで声援送る

©株式会社熊本日日新聞社

広告を表示できません。

 ユニホームスポンサー平田機工のサンクスマッチと銘打たれた8日の大分戦では、先着1万人に特製の赤いタオルマフラーが無料配布された。今季最多1万226人がえがお健康スタジアムを赤く染め、選手を後押しした。

 ハーフタイムでは、同社のテレビCMで流れる「叶(かな)う」を上天草市出身のシンガー・ソングライターのMICAさんが熱唱し会場を盛り上げた。1点を追う後半にFW八久保颯のゴールで同点に追い付くと一気に熱気は上昇。試合には敗れたが、サポーターはタオルマフラーを振り回して「ここからだぞ」と最後まで大きな声援を送った。

(2018年9月9日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

Follow us!

熊本日日新聞

こんなニュースも

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから

Curated by

Curated by