コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。

「これは何?」という方はこちら

山鹿市と熊本市で火災相次ぐ

©株式会社熊本日日新聞社

 9日未明、山鹿市と熊本市で民家や納屋などが全焼する火災が相次いだ。けが人はなかった。

 同日午前2時15分ごろ、山鹿市鹿本町来民、無職男性(69)方から出火、木造平屋約80平方メートルを全焼した。山鹿署と山鹿市消防本部によると、男性は1人暮らし。就寝中だったが避難して無事だった。「隣の部屋から音がして、起きたら火が燃え広がっていた」と話しているという。

同日午前5時10分ごろには、熊本市北区植木町滴水、無職男性(87)方の納屋から出火、木造2階建て延べ260平方メートルと、納屋にあった軽トラックと乗用車各1台を全焼した。熊本北合志署と市消防局によると、男性は妻と2人暮らし。出火当時、母屋にいたが避難して無事だった。

こんなニュースも

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから

Curated by

Curated by