JFEライフのスポーツ施設、テニスコートを五輪仕様に

©株式会社鉄鋼新聞社

 JFEスチールグループのJFEライフ(本社・東京都台東区)が運営する千葉県市川市のスポーツ施設が、屋内テニスコートの床面をリニューアルし、2020年の東京オリンピックのテニス練習場に使える仕様にした。五輪のテニス会場となる有明テニスの森(東京都江東区)に近い立地を生かし、練習場として使ってもらえるよう関係自治体などに働きかける。

 JFEライフの全額出資子会社エーススポーツが運営する「エーススポーツプラザ市川」が屋内コート4面を有明テニスの森や全米オープンのテニス会場で使われている「デコターフ」にはりかえた。

 デコターフは全米オープンをはじめ多くの国際大会で使用されている国際基準のコート。東京五輪の会場となる有明テニスの森でも使われており、JFEライフのコートは五輪の練習場として最適な条件を備える。

 エーススポーツプラザ市川はテニススクールを運営。所属のジュニア選手は今年、全日本ジュニアテニス選手権大会で優勝、準優勝の成績をおさめた。