西日本~東北 11日明け方まで土砂災害に厳重警戒を

©株式会社ウェザーマップ

10日午後4時時点の土壌雨量指数

 10日夕方、東日本では非常に激しい雨が降っている。また、西日本から東北にかけては、これまでの大雨で地盤の緩んでいる所がある。前線は、あす11日(火)は本州付近から離れる予想だが、11日明け方にかけて土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要だ。

10日午後9時~11日午前0時までの3時間予想降水量

 西日本や東北の大雨は峠を越えたが、東北は10日夜遅くにかけて断続的に雨が降る見込み。また、引き続き前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込む影響で、東日本は11日明け方にかけて局地的に雷を伴い非常に激しい雨が降るおそれがある。

関東地方10日(月)夜の雷の発生確率

 11日夕方までに予想される雨の量は、いずれも多い所で、関東甲信や東海で80ミリとなっている。西日本から東北では、これまでの大雨で地盤の緩んでいる所や、河川の水位が上昇している所がある。11日明け方にかけて土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要だ。
 また、東日本では落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要で、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には建物内に移動するなど安全確保に努めたい。ひょうが降るおそれもあるため、農作物や農業施設の管理にも注意する必要がある。