閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。

「これは何?」という方はこちら

将棋、清水女流が最年長挑戦

49歳8カ月で

©一般社団法人共同通信社

清水市代女流六段

 将棋の第8期リコー杯女流王座戦の挑戦者決定戦は10日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、清水市代女流六段(49)が伊藤沙恵女流二段(24)を破り、女流タイトル戦では最年長の49歳8カ月で挑戦権を獲得した。

 これまでの記録は2014年、山田久美女流四段(51)が倉敷藤花戦で挑戦を決めたときの47歳8カ月。

 清水女流六段は1985年に女流プロ入りし、長くトップとして活躍。通算タイトル獲得数は歴代最多の43期を誇る。2017年、女性では初めて日本将棋連盟の常務理事に就任した。

こんなニュースも

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Curated by