将棋、清水女流が最年長挑戦

49歳8カ月で

©一般社団法人共同通信社

広告を表示できません。

清水市代女流六段

 将棋の第8期リコー杯女流王座戦の挑戦者決定戦は10日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、清水市代女流六段(49)が伊藤沙恵女流二段(24)を破り、女流タイトル戦では最年長の49歳8カ月で挑戦権を獲得した。

 これまでの記録は2014年、山田久美女流四段(51)が倉敷藤花戦で挑戦を決めたときの47歳8カ月。

 清水女流六段は1985年に女流プロ入りし、長くトップとして活躍。通算タイトル獲得数は歴代最多の43期を誇る。2017年、女性では初めて日本将棋連盟の常務理事に就任した。

Follow us!

共同通信

こんなニュースも

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

Curated by