厚真町などで全壊、大破6百棟以上と推定

©一般社団法人共同通信社

 最大震度7を観測した北海道の地震で、木造住宅や中低層のビルなど600棟以上が全壊、大破したとの推計を筑波大の境有紀教授が10日までに、地震の観測データなどからまとめた。震度7を記録した厚真町などに集中している。北海道は建物被害の確認中で、被害全容は判明していない。