厚真町などで全壊、大破6百棟以上と推定

©一般社団法人共同通信社

広告を表示できません。

 最大震度7を観測した北海道の地震で、木造住宅や中低層のビルなど600棟以上が全壊、大破したとの推計を筑波大の境有紀教授が10日までに、地震の観測データなどからまとめた。震度7を記録した厚真町などに集中している。北海道は建物被害の確認中で、被害全容は判明していない。

Follow us!

共同通信

こんなニュースも

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Curated by