県警、相談ダイヤル 「♯9110」使って 9月11日「警察相談の日」

©株式会社茨城新聞社

9月11日は「警察相談の日」-。不要不急の110番通報を減らし犯罪の未然防止を図ろうと、県警は急を要しない相談を受け付ける専用ダイヤル「♯9110」の利用を呼び掛けている。県警が昨年1年間に受けた110番通報は約19万3千件で、2分43秒に1回の通報がある計算だ。このうち約12%に当たる約2万4千件が不急の通報といい、警察署や交番の電話番号照会▽運転免許証の更新手続きや交通事故に関する問い合わせ▽遺失拾得に関する問い合わせ-などの内容だった。

本県で「♯9110」の運用が始まったのは1990年。昨年1年間は3916件あり、2014年(1940件)から倍増した。今年は8月末で昨年より304件多い2815件に上り、徐々に浸透している。

県警県民安心センターは「緊急通報は110番。それ以外に困っていることがあれば♯9110を活用していただき、県民の安心につなげたい」としている。