社会人野球:沖縄電力、日本選手権へ JR九州を下し2大会連続5度目

 第44回社会人野球日本選手権九州地区予選第4日は10日、熊本県のリブワーク藤崎台球場で第1代表決定戦を行い、沖縄電力がJR九州(福岡)を7-2で下し、2大会連続5度目の本大会出場を決めた。

 沖縄電力は初回に8連打で6得点の猛攻。二回に本塁打で2点を返されたが、その後は得点を許さず、九回に1点を追加してダメ押しした。先発の伊波伸彰が8安打2失点で完投した。

 第44回社会人野球日本選手権は11月1日、京セラドーム大阪で開幕する。

 【関連】「攻める姿勢を貫いた」 沖縄電力、投打に圧倒

本大会出場を決め、マウンドに集まる沖縄電力ナイン=熊本県・リブワーク藤崎台球場(提供)

©株式会社沖縄タイムス社

沖縄タイムス+プラス

パソコン・スマホ・タブレットで、いつでもどこでも紙面が読める。アプリでサクサク。朝5時配信。まずは無料登録。

詳細はこちら