くまモンナンバープレートついに誕生! 「欲しいもん」の声続出

©株式会社ジェイ・キャスト

熊本県営業部長兼しあわせ部長の「くまモン」が、新たにナンバープレートになって登場する。

新たに交付されるくまモンナンバープレート(画像は熊本県企画振興部交通政策課提供)

新たに交付されるくまモンナンバープレート(画像は熊本県企画振興部交通政策課提供)

国土交通省は「走る広告塔」としてのナンバープレートの役割に着目し、地域の風景や観光資源を図柄にした「地方版図柄入りナンバープレート」を各地で交付すると発表している。2018年9月10日より事前申込開始となり、交付は10月1日から。各自治体では地域の特色を生かした図柄入りのナンバープレートが交付される。

熊本県では県民アンケートを経て、営業部長兼しあわせ部長のくまモンがナンバープレートになって登場することになった。

右端に顔を覗かせているくまモンに加え、中央にはくまモンの白いシルエット。シルエットの外側には熊本にゆかりのある加藤家の家紋「蛇の目紋」と、細川家の家紋「九曜紋」を描き、熊本らしさが表現されている。

ナンバープレート欲しさに移住希望?

くまモン公式ツイッターアカウントでも、ナンバープレートが紹介されている。くまモンによれば、愛車の新しいナンバープレートなのだとか。

ネット上では「可愛い」、「ほしい」といった声が続出しており、さすがくまモン。人気のほどがうかがえる。

中にはくまモン仕様のナンバープレート欲しさに熊本に移住しようかという声も上がっているほどだ。

Jタウンネット編集部は18年9月10日、熊本県企画振興部交通政策課担当者に話を聞いた。担当者によれば、「つけて走って熊本の街を彩ろう」とのコンセプトのもと、ゆくゆくは駅や空港でのタクシーや路線バスなどにも導入していきたいという。既に問い合わせも多くあったそうで、今後の活躍に期待するところは大きいようだ。

担当者にくまモン仕様のナンバープレートは熊本でしか手に入らないのかと聞くと、残念ながら熊本以外では「難しい」とのこと。より多くの人に親しんでもらえるようPRに力を入れていきたいと語った。