バスガイドがご案内します?/岩手県北バスが就活本制作

©株式会社東奥日報社

 観光旅行で活躍するバスガイドの仕事をより深く知ってもらおうと、南部バスを運営する「岩手県北自動車」(盛岡市)は、同社の若手バスガイド4人が企画・制作した「バスガイドになりたい人のためのリクルートブック」を発行した。4人のうちの1人、平譯(ひらわけ)見衣さん(25)=青森県五戸町出身=は「この冊子を読んでバスガイドに興味を持ってほしい」と話している。

 リクルートブックは、2019年卒業予定の高校生や大学生などを読者に想定しており、表紙を含め全8ページ。一日の仕事を紹介するコーナーでは、運転手との打ち合わせや、ツアー客の案内、バスの清掃までの業務を説明しているほか、入社1年目に入る社員寮や研修の様子、4人がバスガイドになった経緯などを写真付きで掲載している。

 平譯さんは、三沢高校時代に放送部に所属し、卒業後にアナウンサーを目指して東京の専門学校に入学。就職活動の中、「お客さまに直接言葉を届ける仕事がしたい」と考え、バスガイドを志したという。「お客さまに旅を楽しめる情報を伝え、思い出を共有できるのがバスガイドの魅力」と語った。

 リクルートブックは同社の合同説明会や見学会などで配布している。

 問い合わせは同社(電話019-641-7772)へ。

4人が制作したリクルートブック。バスガイドになった経緯などがつづられている
リクルートブックを制作したバスガイドのうちの1人、平譯さん(岩手県北自動車提供)