ドラマ「銀魂」立木文彦のマダオが話題!本物感に衝撃

マダオにふんした立木文彦 - (C) 空知英秋/集英社 (C) 2018映画「銀魂2」製作委員会 (C) 2018 エイベックス通信放送

 映像配信サービスdTVで配信中のドラマ「銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-」第3話「いくつになっても歯医者はイヤ篇」に登場する、立木文彦ふんする“マダオ”の再現度の高さが話題となっている。

【動画】ドラマ「銀魂2」いくつになっても歯医者はイヤ篇 ショートver.

 週刊少年ジャンプで連載中の空知英秋の人気漫画を基にした同作。映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』もヒット中だが、配信ドラマ版(全3話)も、原作で人気の「眠れないアル篇」「土方禁煙篇」「いくつになっても歯医者はイヤ篇」を実写化し、反響を呼んでいる。

 第3話では特に、人気キャラクターのマダオこと長谷川泰三が登場し、アニメ「銀魂」シリーズで同キャラクターの声優を務める立木が演じることが注目の的に。出演が発表された時点で、SNSなどでは「銀魂」ファンから期待の声が多く上がっており、配信されるとその“リアルマダオ”ぶりに驚きの声が続出した。

土方(柳楽優弥)と銀時(小栗旬) - (C) 空知英秋/集英社 (C) 2018映画「銀魂2」製作委員会 (C) 2018 エイベックス通信放送

 第3話「いくつになっても歯医者はイヤ篇」は、主人公の坂田銀時(小栗旬)と真選組の副長・土方十四郎(柳楽優弥)が虫歯になり、大嫌いな歯医者に駆け込むが、そこで“とんでもない治療”が待ち受けていた、というエピソード。そんな銀時と土方の前に立木演じるマダオが現れる。

 この登場シーンに、視聴者からは「マダオが実在した」「完全にマダオで最高でした!」「マダオ本物だわ」といった感想がTwitterなどでつぶやかれた。アニメ版を通して立木の声になじみがあったことはもちろんだが、他キャストと同様に見た目も原作のキャラクターを完全再現しており、そのクオリティーにファンは衝撃を受けたようだ。

 「マダオ」という愛称は「まるでダメなおっさん」からきている。その名の通り何をやってもうまくいかない男だが、かつては幕府の要職を務めたことも。「銀魂」ファンからは愛すべきキャラクターとして親しまれている。(編集部・小山美咲)

©株式会社シネマトゥデイ