あす(水) 北海道は上着、西・東日本は傘が必要

©株式会社サニースポット

9月も中旬となり、ようやく秋めいてきました。
けさ、北海道稚内市の沼川では、-0.9℃まで下がり、富士山を除いては全国で今シーズン初めて氷点下の気温(冬日)を観測。これは、平年より10℃以上も低く、11月上旬並みの気温です。

あす(水)も北海道では、高気圧に覆われて、爽やかな秋晴れが続きます。氷点下の冷え込みになる可能性はけさより低いものの、朝は冷えて、厚手の上着や暖房器具の必要な寒さです。北見は6℃、旭川は8℃、留萌や釧路は9℃、札幌や地震の揺れが最も大きかった厚真町付近でも12~13℃の予想。(山沿いや内陸の一部では、5℃未満の可能性も)

一方で、西日本・東日本では、前線や高気圧周辺で吹く湿った東よりの風の影響で曇りや雨のところが多くなります。九州や四国、紀伊半島の山の南東側斜面では、局地的に雨が強まったり、雨量の多くなるでしょう。関東でも夜は所々で雨の降る心配がありますので、お帰りの時間帯は傘があると安心です。

関東や東北の太平洋側では、きょうと同じくらいの気温で、涼しさが続きます。朝晩は少しひんやりしますので、長袖や羽織るものがあってもいいでしょう。