阿蘇の今、魅力発信 台湾の人気ブロガーらバスで巡り、乗馬など体験

©株式会社熊本日日新聞社

広告を表示できません。

乗馬を楽しむ台湾の人気ブロガーや旅行会社担当者たち=阿蘇市

 台湾の人気ブロガーや旅行会社の企画担当者が9日、阿蘇市を訪れ、乗馬などを通して阿蘇の魅力を体感した。熊本地震や昨年7月の九州北部豪雨の影響で観光客が落ち込む阿蘇と大分県日田の現状を発信してもらい、誘客につなげる狙い。

 九州運輸局の「ビジット・ジャパン事業」の一環で、阿蘇、日田の両市と九州産交バス(熊本市)、日田バス(日田市)、西日本鉄道(福岡市)が連携。福岡市出発の6日間の行程を主にバスで巡り、寸断した鉄道に代わる活用をアピールする。

 9日は男女10人が日田市から路線バスを使って小国町経由で阿蘇市に到着。「エル・パティオ牧場」で馬に乗って草原を散策し、牧場の様子を写真に収めていた。

 ブロガーの陳林輝[チェンリンフイ]さん(47)は「台湾では熊本が危険という印象は薄らいでいる。谷底に広がる田園や草原の景色は台湾からの旅行客にとって魅力」と話した。

 一行は11日まで阿蘇市や熊本市を巡り、期間中会員制交流サイト(SNS)で毎日情報を発信する。(中尾有希)

(2018年9月11日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

Follow us!

熊本日日新聞

こんなニュースも

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから

Curated by

Curated by