ロック様とステイサムがタッグ!『ワイスピ』スピンオフ撮影がスタート

©株式会社シネマトゥデイ

広告を表示できません。

ステイサムが一足早くクランクイン!(写真はドウェイン・ジョンソン公式Instagramのスクリーンショット)

 人気カーアクションシリーズ『ワイルド・スピード』初のスピンオフ作品『ホブス&ショウ(原題)/ Hobbs and Shaw』の撮影が、現地時間10日にスタートしたことを、主演のドウェイン・ジョンソンがInstagramで報告した。

【画像】『ワイルド・スピード ICE BREAK』のドウェインとステイサム

 シリーズに登場する元FBI特別捜査官ホブス(ドウェイン)と、ジェイソン・ステイサムふんする特殊部隊出身の暗殺者デッカード・ショウに焦点を当てた本作。ドウェインは「撮影1日目。進化がついに始まった。待ちに待った『ワイルド・スピード』のスピンオフは衝撃的だぜ」とシリーズの新たな幕開けを祝福している。

 さらにドウェインは、ステイサムとメガホンを取るデヴィッド・リーチ監督が向かい合う姿を収めたモノクロ写真を投稿。『デッドプール2』などを手掛けたリーチ監督の手腕に期待のコメントを寄せている。また、ステイサムと監督の後ろにはスタイリッシュなスポーツカーが停まっており、これが本作に登場する車なのか気になるところ。

 ドウェイン自身は、ディズニー映画『ジャングル・クルーズ(原題)』の撮影もあり、同作の撮影地であるイギリス・ロンドンにまだ到着していない。彼は「“ホブス”として知られる男は、2週間後にロンドンに降り立つぜ」とコメントしていることから、間もなく撮影に合流することがうかがえる。

 本作の悪役には『パシフィック・リム』『マイティ・ソー』シリーズのイドリス・エルバが決定しているほか、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』のヴァネッサ・カービーが、デッカード・ショウの妹役で出演する。脚本を担当するのは、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』からシリーズの脚本を手掛けているクリス・モーガン。2019年8月2日全米公開予定。(編集部・倉本拓弥)

こんなニュースも

Curated by

Curated by