メークと痛風で役作り?

ガリット福島ら米映画PR

イベントに登場した(左から)とにかく明るい安村、「ガリットチュウ」の熊谷岳大と福島善成、庄司智春=11日、東京都内

 米アクション映画「スカイスクレイパー」(21日公開)のPRイベントが東京都内で開かれ、お笑いタレントの庄司智春、とにかく明るい安村、お笑いコンビ「ガリットチュウ」(福島善成、熊谷岳大)が登場した。

 香港にそびえ立つ高さ1キロメートルの超高層ビルを舞台とした作品。ドウェイン・ジョンソンが演じる元FBI人質救出部隊のリーダーが、ビル火災から家族を救出するために奮闘する。

 庄司、安村、福島は映画にちなんで、家族のために戦うパパ芸人として呼ばれた。ジョンソンに似せたメークの福島は、「ドウェインは片足を失い、義足になった役。今日僕はたまたま痛風の発作が出て、足を引きずっています」と“役作り”へのこだわりをアピールした。

 船越英一郎や「せんとくん」など、一風変わった物まねが人気で出番を増やしている福島。パパの顔を問われると「家庭内の序列は、嫁、息子、娘、犬、俺。休みになると嫁と子どものマッサージをやらされます」。

 庄司は、家族のためにかなえたい野望について「ジム経営です。奥さん(藤本美貴)もヨガのインストラクターの資格を持っているし」と力説。

 安村が「ロングブレスダイエットもやってるしね」と水を向けると、庄司は「フーッ!」と大きく息を吐き出しつつ、「(同じみきでも)ロングブレスの美木良介さんじゃないです」とノリ突っ込みで笑いを誘った。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る