コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。

「これは何?」という方はこちら

腹話術で事故防止呼び掛け

交通行事にいっこく堂さん

©一般社団法人共同通信社

交通安全イベントに参加した腹話術師のいっこく堂さん=11日、東京都中野区

 秋の全国交通安全運動(9月21~30日)を前に、警視庁中野署などは11日、東京都中野区で交通安全イベントを開き、参加した腹話術師のいっこく堂さんらが、安全な自転車の利用による事故防止を呼びかけた。

 中野区では昨年発生した人身事故530件のうち、232件が自転車が絡んだ事故だった。両手に人形を持ったいっこく堂さんは、腹話術で三つの声を使い分けながら、慎重な自転車の運転を訴え、会場を盛り上げた。

 警視庁マスコットキャラクター「ピーポくん」も登場。交通ルールの重要性をアピールした。

こんなニュースも

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Curated by