山崎賢人:「グッド・ドクター」撮了 「俳優をやっていて本当に良かった…」

©株式会社MANTAN

広告を表示できません。

連続ドラマ「グッド・ドクター」の撮影を終えた山崎賢人さん=フジテレビ提供

 俳優の山崎賢人さんがこのほど、主演を務める連続ドラマ「グッド・ドクター」(フジテレビ系、木曜午後10時)のクランクアップを迎えた。主人公・新堂湊を演じてきた山崎さんは、東郷記念病院の廊下で最後の撮影を行い、スタッフの「オールアップです!」という声がかかると、金井紘監督から花束を受け取り、スタッフからの盛大な拍手を浴びながら、最後のあいさつをした。

 山崎さんは「とても大好きなチームで、この作品をやることができて、すごく楽しかったです。そして見ている方に、これほどメッセージを伝えられる作品に出させていただいて、俳優という仕事をやっていて本当に良かったな、と思います。皆さんに甘えてしまう部分もたくさんあったのですが……。新堂湊という役をやれて本当に良かったです。今は、さみしいですけど……。また、いつかこのチームで一緒にできればな、と思います。本当に、本当にありがとうございました!」とあいさつし、スタッフと“グータッチ”を交わしたという。

 「グッド・ドクター」は、2013年に韓国で放送された同名の連続ドラマが原作で、米国でもドラマ化された。自閉症スペクトラム障害でコミュニケーション能力に問題を抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊(山崎さん)が小児外科の世界に飛び込み、周りからの偏見や反発にさらされながらも、子供たちの命のために戦い、心に寄り添い、成長していく姿を描いている。

 13日の最終話(第10話)は15分拡大で放送。東郷記念病院の小児外科の廃止が決定。湊(山崎さん)が担当する患者・森下伊代(松風理咲さん)は小腸の移植手術が控える中、新たに肝硬変を患っていることが分かり、放置すれば肝不全になるため、すぐにでも肝臓の移植手術も必要になる。同じころ、湊は院長の司賀明(柄本明さん)の病状を初めて知り、ショックを受けてしまい……という展開。

こんなニュースも

Curated by

Curated by