コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。

自治会排除で是正勧告、奈良

祭り参加できず

©一般社団法人共同通信社

 奈良県天理市内の自治会で、会員を一部の住人に限定するのは人権侵害に当たるとして、奈良弁護士会は12日までに自治会に勧告を出した。自治会員以外は総会や祭りへの参加ができず、回覧板なども届かなかった。

 弁護士会によると、昨年12月に住民の夫婦が人権救済を申し立てた。夫婦は1992年ごろから居住し、年額1万3500円の協議費の支払いもしてきた。だが自治会には、昔から住む地元神社の氏子である52世帯を会員とする慣例があり、行事の参加や案内などは会員を対象としてきた。

こんなニュースも

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Curated by