元KAT-TUNの田口淳之介さん 県産品PR事業応援大使に

©株式会社熊本日日新聞社

熊本市の西嶋英樹農水局長(左)から任命状を受けとる田口淳之介さん=11日、東京都文京区

 熊本市は11日、飲食店などに県産の農作物を提供して熊本をPRする「熊本ふれんず」事業の応援大使に、歌手で俳優の田口淳之介さん(32)を任命した。同日、東京都文京区の肥後細川庭園で任命式があった。

 田口さんはアイドルグループ「KAT-TUN」の元メンバー。今後、会員制交流サイト(SNS)での投稿や、同事業の関連イベントに参加して県産品をPRする。

 10年以上前から旅行や仕事などで年3、4回ほど来熊しているといい、「カーナビがなくてもドライブできる。おいしい野菜と温泉が大好き。正直、住みたい」と田口さん。

 旅行で訪れた際に熊本地震も経験しており、「地震後、被災された人たちの前向きな言葉で逆に勇気づけられた。復旧復興につながるよう力になりたい」と意気込みを語った。

 「熊本ふれんず」は県産品の販路拡大が目的で、宇城市や阿蘇市など17市町村との連携事業。各自治体の農作物を全国の飲食店の顧客に提供し熊本をアピールしており、福岡県や関東、関西の27事業者が同事業を通じて県産品を使用している。(嶋田昇平)

(2018年9月12日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

こんなニュースも

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから

Curated by

Curated by