高嶺の花:最終回 石原さとみが月島流の次期家元に 峯田和伸に別れを告げるが…

©株式会社MANTAN

広告を表示できません。

連続ドラマ「高嶺の花」最終話の場面写真 =日本テレビ提供

 女優の石原さとみさん主演の連続ドラマ「高嶺の花」(日本テレビ系、水曜午後10時)の最終話が12日、放送される。月島なな(芳根京子さん)が月島流を破門され、月島もも(石原さん)が正式な次期家元に決まる。ももは風間直人(峯田和伸さん)を呼び出し、別れを告げる。

 最終話は、直人を誘惑する千秋(香里奈さん)とのやりとりを電話で聞いていたもも。一方、龍一(千葉雄大さん)と共に生きていくと決めたななは、月島流から離れることを市松(小日向文世さん)に申し入れると、市松はななを破門する。

 ななが次期家元を辞退することを予想していた市松は、龍一にももとの縁談を持ちかける。その直後、龍一は姿をくらましてしまう。次期家元として認められ、月島家に戻ったももは直人を呼び出し、月島流を継ぐことになったことや、これまでの感謝の思いを伝え、直人に別れを告げるが……というストーリー。

 ドラマは、「101回目のプロポーズ」などの野島伸司さんが脚本を担当し、石原さん演じる華道の名門の令嬢が、峯田さん演じる自転車店の店主と“超・格差恋愛”を繰り広げる純愛エンターテインメント作品。

こんなニュースも

Curated by

Curated by