SUGIZO、ベストアルバムを12月にリリースすることを発表、また、最新アー写を公開

©ユニバーサル ミュージック合同会社

広告を表示できません。

Susumu Miyawaki

9月5日からスタートしたSUGIZO TOUR 2018 “Do Phoenixes Dream of Electronic Music?” の9月11日に行われたZepp DiverCity TOKYOでの東京公演にて、12月にSUGIZOのベスト・アルバム『COSMOSCAPE Ⅱ』をリリースすることを発表した。

2008年リリースのSUGIZOのベスト・アルバム『COSMOSCAPE』から10年、唯一無二のサウンドスケープを極め築き上げたSUGIZOの楽曲の数々が収録予定。詳細は後日発表される。

また、SUGIZOの最新アーティスト写真が公開された。着用している衣装『ガイア』には、地球平和と難民問題提起したメッセージが込められており、「絶望」と「希望」が表現されている。

■ツアー情報
SUGIZO TOUR 2018
Do Phoenixes Dream of Electronic Music?
[日程]

9月5日(水)柏 PALOOZA  Open 18:00/ Start 18:30
9月7日(金)名古屋Electric Lady Land  Open 18:00/ Start 18:30
9月8日(土)大阪 MUSE Open 16:30 / Start 17:00
9月11日(火)Zepp DiverCity  Open 17:30 / Start 18:30
9月13日(木)岡山 IMAGE  Open 18:00/ Start 18:30
9月17日(月・祝)石巻BLUE RESISTANCE  Open 16:30/ Start 17:00

■映像作品リリース情報
SUGIZO『Unity for Universal Truth』
now on sale

Blu-ray UIXZ-4082 ¥6,000(tax out)/ ¥6,480(tax in)
購入はこちら 

DVD UIBZ-5082 ¥5,000(tax out)/ ¥5,480(tax in)
購入はこちら 

【収録曲】
[第一部]

1.IRA
2.THE CAGE   
3.MESSIAH
4.NEO COSMOSCAPE
5.ARC MOON
6.FATIMA
7.Lux Aeterna
8.ENOLA GAY RELOADED
9.Decaying
10.禊
11. TELL ME WHY?

[第二部]

12. 永遠 feat.RYUICHI
13. VOICE feat.清春
14. PHOENIX~HINOTORI~ feat.Toshl
15. DO-FUNK DANCE
16. The Voyage Home

《SPECIAL FEATURE》
MV:VOICE feat.清春
MV:感情漂流 feat. 辻仁成
Photo Gallery

■SUGIZOプロフィール
ギターを抱えたスピリチュアル・アクティヴィスト
作曲家、ギタリスト、ヴァイオリニスト。

幼少期よりヴァイオリンや楽典等、クラシック音楽の英才教育を受けて育ち、綿密に構築された唯一無二の作曲能力、瞬間を切り取り光に昇華させるかのようなギター&ヴァイオリン・パフォーマンス、美しくもディープな宇宙的スピリチュアル・サウンドデザインは極めて評価が高く、シーンを創世し、ジャンルの境界を壊しながら縦横無断にアートを舞うその美意識は国内外にて圧倒的な存在感を誇る。
音楽と平行しながら平和活動、環境活動に積極的に参加、アクティヴィストとしての動きをも幅広く展開している。
現在、日本を代表するロックバンドLUNA SEA、X JAPANそしてU.K.の伝説的トランスユニットJUNO REACTORのメンバーとして、世界規模で活動中。

1992年5月、LUNA SEAのコンポーザー、ギタリスト、ヴァイオリニストとしてデビュー。
1997年、約1年間の同バンド活動充電期間を機にソロアーティストとして活動。
2000年末、90年代ロックシーンを牽引し数々の伝説を残したLUNA SEAが終焉。
2001年より、映画音楽や役者、コンテンポラリー・ダンスにまで領域を広げ積極的にソロ活動を再開する。
2006年、英国の伝統的トランス/テクノ・ユニット、JUNO REACTORに加入。
2007年12月24日、LUNA SEAが東京ドームにて一夜限りの復活ライヴを行う。
2009年、X JAPANに正式メンバーとして加入。
2010年、LUNA SEAが海外公演を含めたREBOOTツアーを行い本格的にバンド活動を再開する。
2017年、1997年に始動したSUGIZOソロ活動20周年を迎えた。

Photo Credit Susumu Miyawaki

トピック邦楽ロック

こんなニュースも

Curated by

Curated by