【平成の長崎】米イージス艦 長崎入港 被爆者ら抗議集会

平成5(1993)年

©株式会社長崎新聞社

 米海軍横須賀基地所属のイージス巡洋艦モービルベイ(10、200㌧、スティーブン・スミス艦長、乗組員350人)が1月15日朝、長崎港に入港、松が枝ふ頭に接岸した。18日午前9時出港の予定。核搭載可能艦船の長崎入港は平成元年9月、被爆者による花輪踏み付け事件があった米海軍ミサイルフリゲート艦ロドニー・デイビス以来2隻目。被爆者団体や革新団体は「平和都市への挑戦」「軍艦慣らし、核慣らし」と強く反発、海上デモや集会を開き抗議した。(平成5年1月16日付長崎新聞より)
  ◇   ◇   ◇
【平成の長崎】は長崎県内の平成30年間を写真で振り返る特別企画です。

長崎に入港したモービルベイに抗議のシュプレヒコールをする労組員ら=1993年1月15日午前8時15分、女神岸壁