コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。

「これは何?」という方はこちら

日体大駅伝監督、パワハラで解任

部員に暴力、人格否定の言動

©一般社団法人共同通信社

 日本体育大学は12日、陸上部駅伝ブロックの部員に対する暴力、パワーハラスメント行為で、渡辺正昭監督を解任したと発表した。

 日体大によると、学生への聞き取り調査で脚を蹴る、胸ぐらをつかむなどの暴力行為や人格を否定するような言動が確認された。渡辺監督はおおむね内容を認めているものの、不適切な行為との認識が乏しく「学生指導の適性に欠ける」として解任を決定した。

 3日付で陸上部部長からパワハラの疑いに関する文書が提出され、大学側が調査していた。

こんなニュースも

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Curated by