山崎育三郎:落語家演じるも「つい踊りたくなっちゃう」 “プリンス”とは正反対の役に「全霊で」

連続ドラマ「昭和元禄落語心中」のスタジオ取材会に登場した山崎育三郎さん

 俳優の山崎育三郎さんが12日、東京都内で行われた連続ドラマ「昭和元禄落語心中」(NHK総合)の会見に登場。ドラマで天才落語家の有楽亭助六を演じる山崎さんは、「落語は究極の表現。僕も表現する時は動きたくなっちゃうし、踊ったり歌いたくなっちゃうんですが、(落語は)座布団から動いてはいけないので……」と語っていた。

 好きな演目を聞かれた山崎さんは「野ざらし」と答え、「野ざらしが一番助六っぽいし、役にぴったり。野ざらしは歌う場面があるのですが、『うまく歌わないで』と注意された。自分が歌がうまいと言っているみたいですね」と話し、笑いを誘っていた。また、「この数カ月、自分を追い込んで落語と向き合ってきた。普段自分はミュージカルでは『プリンス』と言われることもあるのですが、今回は自分とは正反対な、がさつで女好きで破天荒な役ということで、僕にとっても新たなチャレンジになる。全霊でこの役に臨みたい」と意気込みを語った。会見には、岡田将生さん、竜星涼さん、大政絢さん、篠井英介さん、平田満さんも登場した。

 「昭和元禄落語心中」は、落語に魂をささげた人々の姿を描いた雲田はるこさんの人気マンガが原作。女性向けマンガ誌「ITAN(イタン)」(講談社)で連載された。昭和を舞台に、孤高の大名人・有楽亭八雲(岡田さん)や、そこへ押しかけて弟子入りした与太郎(竜星さん)、八雲の盟友で“希代の名人”とうたわれた助六(山崎さん)、八雲と助六を見守る芸者・みよ吉(大政さん)、助六とみよ吉の忘れ形見の小夏(成海璃子さん)といった個性的なキャラクターが登場する。第17回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門優秀賞、第38回講談社漫画賞の一般部門を受賞したほか、2016、17年にはテレビアニメも放送された。

 ドラマは10月12日からNHK総合で毎週金曜午後10時放送。

©株式会社MANTAN