キキララの花、被災地励ます

「いつも一緒」忘れないで

キキとララがインターネット上で育てた「希望の花」のしおりを手にはにかむ熊谷愛海ちゃん=8日、宮城県石巻市の石ノ森萬画館

 東日本大震災で被災した東北の子どもたちやファンを癒やそうと、サンリオの人気キャラクター「リトルツインスターズ」のキキとララがインターネット上で育ててきた「希望の花」で、しおりが作られた。2人は「小さな応援だけど、いつもみんなと一緒にいるって忘れないで」と励ましている。

 キキとララは震災後の2011年3月22日、「私たちにできることは小さいけど、みんなで希望の芽を育てていきたいね」のメッセージとともに、ネット上で空想の希望の花の種をまいた。

 宮城県石巻市の「石ノ森萬画館」で開催中のサンリオの企画展で、来月14日まで配布されている。

サンリオのキャラクター、キキとララがインターネット上で育てた「希望の花」のしおり

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む