商船三井、比に船員育成大学開校

自前で育成、確保へ

大学構内の演習棟「シップ・イン・キャンパス」前で談笑する商船三井の池田潤一郎社長(左)ら=12日、フィリピン・ダスマリニャス(共同)

 【ダスマリニャス共同】商船三井は12日、フィリピンの首都マニラ郊外のカビテ州ダスマリニャスで、同社初となる4年制の自営商船大学の開学式典を開いた。同社のフィリピン人船員は船員約1万7千人のうち7割近くを占め、中心的役割を担っている。自前で継続的に技術力や知識水準の高い船員を育成、確保する狙いだ。

 大学の名称は「MOLマグサイサイ・マリタイム・アカデミー」。構内には実際の船を模し、最新の船舶機器を備えた演習棟を建設し、即戦力養成のための実習ができる。

 商船三井のほか、地元の船員派遣会社マグサイサイ・マリタイムも出資し、卒業生は両社が半数ずつ雇用する。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る