閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。

「これは何?」という方はこちら

松坂「最高のライバル」

杉内への思い語る

©一般社団法人共同通信社

 中日の松坂大輔投手が12日、今季限りの引退を表明した同学年の巨人・杉内について「高校時代に甲子園で対戦してからずっと強く意識してきた仲間。最高のライバル」とさみしそうに話した。神奈川・横浜高のエースだった松坂は1998年夏の甲子園大会で杉内の鹿児島実高を破っている。

 甲子園球場での試合前に、取材に応じた松坂は「投げるフォームも好きだったし、野球に対する考え方も好きだった。同じ時代に杉内俊哉という投手がいたから頑張ってこられた」と語った。

 杉内とは記者会見の前に話したそうで「声がすっきりしているような感じだった。強がりかもしれないけど」と明かした。

こんなニュースも

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Curated by