コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。

「これは何?」という方はこちら

トピック
東京五輪

女子の吉田、吉岡組が3位浮上

セーリングW杯第2日

©一般社団法人共同通信社

 2020年東京五輪のテスト大会を兼ねたセーリングのワールドカップ(W杯)江の島大会第2日は12日、神奈川県江の島ヨットハーバー沖で行われ、世界選手権で日本女子として初優勝した470級の吉田愛、吉岡美帆組(ベネッセ)が4レースを終えて3位に浮上した。

 男子470級は4レースを終え、岡田奎樹(トヨタ自動車東日本)外薗潤平(JR九州)組が首位を守った。ジャカルタ・アジア大会優勝の磯崎哲也(エス・ピー・ネットワーク)高柳彬(日本経大)組は3位となった。

 女子レーザーラジアル級でアジア大会覇者の土居愛実(アビーム)は4レースを終えて28位。

こんなニュースも

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Curated by