東京円、111円台半ば

 12日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=111円台半ばで取引された。午後5時現在は前日比05銭円高ドル安の1ドル=111円48~49銭。ユーロは41銭円高ユーロ安の1ユーロ=129円29~33銭。

 朝方は前日の米株高を追い風に円を売ってドルを買う動きが先行したが、日経平均株価の下落で投資家心理が悪化。相対的に安全な資産とされる円が買い戻された。その後は取引の判断材料が乏しく、小幅な値動きとなった。

 市場では「トルコ中央銀行の金融政策決定会合を前に積極的な売買を控えるムードがあった」(外為ブローカー)との声が聞かれた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る