コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。

「これは何?」という方はこちら

バイク事故死防止へ官民連携

警視庁、関連団体と会議

©一般社団法人共同通信社

会議であいさつする警視庁の谷井義正交通総務課長=12日午後、警視庁

 東京都内でバイクに乗車中の事故による死者数が前年比で増加していることを受け、警視庁は12日、関連団体との会議を開き、官民の連携を強化し、ヘルメットの着用を促すといった対策を進めることを確認した。

 冒頭であいさつした警視庁の谷井義正交通総務課長は「関係団体と連携し、バイク愛好家だけでなく、できるだけ多くの方から関心を持たれるような広報啓発活動を実施したい」と述べた。

 警視庁によると、都内の交通事故死者数は減少傾向にあるが、バイク乗車中に事故を起こし死亡した人は8月末までに前年同期比で8人増の29人となっている。

こんなニュースも

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Curated by