中条あやみ:佐野勇斗と「食べない同盟」 “超絶美少女”役で協力ダイエット 

「マイナビ presents 第27回 東京ガールズコレクション 2018 AUTUMN/WINTER」に出演し取材に応じた中条あやみさん

 女優の中条あやみさんがこのほど、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)で行われた大型ファッションイベント「マイナビ presents 第27回 東京ガールズコレクション(TGC) 2018 AUTUMN/WINTER」に出演し、取材に応じた。中条さんは、14日に公開される主演映画「3D彼女 リアルガール」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督)で“超絶美少女”を演じており、役作りを聞くと「いつもすごくいっぱい食べるけれど、ちょっと食べるのを我慢しました」といい、同作で共演した俳優の佐野勇斗さんと協力して「食べない同盟を結んでいました」と笑顔で明かした。

 佐野さんとは、同じタイミングでダイエットしていたといい、「一緒に『食べるの我慢しようね』って言い合った。佐野さんはラーメンとかハンバーグが好きだったので、それを我慢。私も一番好きな甘いものを食べなかった」と告白。自身の体形について「下半身ががっしりしているタイプ」といい、「有酸素運動と、ストレッチが一番効くと言われたので、夜寝る前は、一日のむくみをしっかり取って、ストレッチをすると違います。いつもより多めに歩いたりもしますね」と日々のケアを語った。

 映画は、女性向けマンガ雑誌「デザート」(講談社)で2011~16年に連載された那波マオさんのマンガが原作。佐野さん演じるアニメやゲームのバーチャルな世界を愛する男子高校生の筒井光が、中条さん演じる派手で男ぐせの悪い“リア充完璧超絶美少女”の五十嵐色葉から突然告白され……というストーリー。

 “超絶美少女”という設定に、中条さんは「(マンガでは)スタイル完璧だし、顔も『こんな人本当にいるの?』というくらい可愛く描かれているので、どうしようと思ったんですが、とりあえずできることしかできない(と思った)」と苦笑い。「色葉ちゃんはクールなんだけれど、ところどころの表情が可愛かったり、小悪魔チックなところがある」といい、食事制限以外にも「鏡に向かって小悪魔っぽい表情の練習をしました」と役作りを語った。

©株式会社MANTAN